「仕事がはやい」には2種類ある!?

どうも。無料学習塾ふらいおんメンバーの野田です。

今回は、「混同されやすいシリーズ第二弾!」

二種類の「仕事がはやい」ということについて話していきます。

さっそくいきましょう。

①仕事が「速い」

一般的に、「仕事がはやい」というと、こちらの意味で捉える人が多数なのではないかと思います。

「速い」

つまり、仕事のスピード自体が速く、掛ける時間が少なくすむ。
という意味合いのものです。

こちらの「はやい」は、自身の能力や才能がモロに関わってきます。

勉強にせよなんにせよ、こなすスピード自体が速いので、着手が遅かろうと期限に間に合ったりします。

②仕事が早い

さきほどの「速い」とは違って、これは誰にでもできる「はやさ」です。

「早い」

つまり、仕事に着手するのがはやく、結果的に仕事がはやく終わる。
という意味合いです。

これには才能は不必要で、ただすぐに仕事を始めれば良いだけです。

仕事をこなすスピード自体が遅くても、早く始めていれば余裕をもって提出、納品できます。

③まとめ

「仕事がはやい」には
仕事(をこなすスピード)が速い
仕事(に着手するの)が早い

の二種類があることがわかりました。

前者はある程度の能力、才能、適正が必要ですが、
後者は工夫しだいで誰でもできるので、
仕事が「速い」有能な人にに下克上することもできます。

ちなみに、1番すごいのは
仕事をこなすスピードが速い上に仕事に着手するのも早い人
です。正直無敵です。

しかし仕事が「速い」人は着手が遅れる傾向があるように思いますので、皆さんは仕事を「早く」することで追い抜いてしまいましょう!